お知らせ

1月18日経済新聞掲載

四国でも、病児保育の拡充が重要課題となっています。
四国での現状を踏まえた記事の中で、にんにんの活動を取り上げていただきました。
施設型への行政支援は多くありますが、訪問型はまだ未定。
そんな厳しい現状の中での訪問型病児病後児保育を始めるには、並大抵の覚悟ではできません。
覚悟を決めるまでは、かなり悩み、ゆらぎ、恐れもしました。
でも、誰かが始めないと周りは動かない。そう思い、弱る不安な思いを払拭するように度胸を据えました。
でも、一人では何もできません。支えてくれる仲間がいるから、応援してくださる多くの方がいるから、
前に進むことができます。

経済新聞掲載1月18日

ページ上部へ戻る